40代で未経験の業界に転職する方法

40代で未経験の業界に転職する方法

 『40代の未経験者が転職で採用されやすい職種は何がオススメ?』とネットの質問サイトなどでよく見かけるように、なかなか40代の未経験者が異業種に転職するのは、ハードルが高くて厳しいようですね。

 

 まだまだ不景気な時代、一般企業に取っては単純に年齢を重ねてきただけの人を雇うなら若い人を雇って育てたいと考えるのが通例で、どうしても風当たりが厳しくなってしまうのが現状です。

 

 そこで、本記事では、40代の未経験者が転職するならどのような職種が採用されやすいか、その理由なども合わせてご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

【40代・未経験の転職】
 この不景気な時代新卒でもなかなか雇用してもらえず、多くの方が就活で苦しんできていることと思います。

 

 そのため、生活のためと割り希望していた職種を諦めとりあえず一般企業に就職したものの、いざ40代になって後悔している方や、会社での待遇に不満がある方が、少しでも待遇の良いところで働きたいと転職を考えられている話をよく耳にします。

 

 現実は非常に厳しく、特に未経験の状態で異業種に飛び込もうものなら大抵が履歴書だけで不採用となるケースが非常に多く、40代の方達にとって深刻な悩みとなってしまうのです。

 

 では、40代の未経験者は転職不可能なのでしょうか?

 

 実は、経験を重ねているからこそ期待されている職種も存在し、転職が成功しやすい企業もいくつか存在しているのです。

 

【40代未経験者が転職しやすい職種は?】
 40代の未経験は大半の企業で嫌われ採用されにくい傾向にありますが、あるポイントを重要視している職種では何かと採用されるケースが多いようです。

 

 では、そのポイントを挙げておきましょう。

 

 ★ココがポイント
 ・スキルよりも人柄・性格が良く笑顔の似合う人。
 ・一般常識を持ち独立を考えている人。
 ・泥臭い仕事でも我慢できる根性のある人。

 

 これらのポイントに該当する人は、販売・営業職、コンビニやブランド品買取店などのフランチャイズ経営されている企業(自営)、IT・不動産業などで採用される可能性が高いです。

 

 ただし、販売・営業職ではノルマを与えられ歩合制というところもありますし、IT・不動産業では、安い給料でサービス残業ばかりさせられる企業も多いです。また、フランチャイズではサポートはあるものの、経営が軌道に乗らなければ稼げません。

 

 そのリスクを背負ってでも転職を考えられるのかどうかが重要で、覚悟がある方なら決して40代の未経験者でも転職は不可能ではないのです。

 

【まとめ】
 40代の未経験者が転職するのは非常に厳しい茨の道ではあるものの、全く不可能ではないことがはっきり理解していただけたと思います。販売・営業職の様に人柄重視・やる気重視で採用してくれるところもたくさんあるので転職は十分可能です。

 

 しかし、安易に転職に踏み切ってしまうと、いざ転職された後に『こんなはずではなかった』と後悔する羽目になりかねません。

 

 メリット・デメリットを明確に理解した上で、ぜひ未来で笑顔になれる転職をしてくださいね。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト