60代での転職を成功させる5つのポイント

60代での転職を成功させる5つのポイント

 

 会社の将来に危機感を感じ、転職を決める方も非常に多くなってきています。現在は特に中高年層の転職が目立ちますが、中でも60代での転職も非常に増えています。定年が近い年代での転職は、世間的に見ても少々無理がある様に思えますが、転職のノウハウをきちんと把握すれば大丈夫です!

 

 転職に役立つ様々なコンテンツを用意しておりますので、これから転職活動を行う方に、ぜひ一見して頂きたい内容となっております。

 

 

1.なぜ転職を考えたのか?

 転職を決めたら、多くの方がまは求人探しから始めますが、まずは転職を決めた理由を明確にする事から始めて下さい。理由を明確にする事で、自分がどういった仕事に就きたいか、どういった条件で転職を希望しているのかが明確になってきます。60代での転職は、あまり時間がありません。時間を無駄にしないためにも、自分の希望や転職理由ははっきりさせておきましょう。

 

 また、今までの経験や持っている資格などについても、まとめておくと、自分の出来る事が見えてきますよ。

 

<おすすめ記事>

 

 

2.求人探しを始める

 求人探しを始める前に、就職支援サイトなどの存在はご存知でしょうか?

 

 転職や就職専門に設立されたサービスですが、求人を探すだけではなく、専任のアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスも備えています。リクナビNEXTやリクルートエージェントといったサイトを利用するのも、よい条件で転職するための秘訣です。

 

<おすすめ転職サイト>

 

<おすすめ記事>

 

 

3.希望の求人に応募する

 就職支援コンテンツなどを利用し、希望の求人が見つかったら、書類を作成して応募します。

 

 60代からの転職での強みは、これまで培ってきた経験や人脈、持っている資格などです。これらは若い世代では持っていない、貴重なスキルですので、自己アピール時にはしっかりとアピールするようにして下さい。

 

<おすすめ記事>

 

 

4.面接を受ける際の注意点

 書類審査が通ったら、次は面接です!
 面接時に緊張してしまい、自己アピールをしっかり出来ない方もいます。そのため、面接が決まったらまずは模擬面接を行いましょう。模擬面接は、就職支援サイトのアドバイザーの方が行ってくれる場合もありますので、希望の方は直接問い合わせてみてください。

 

 また、面接時には、なぜ転職を希望しているのかについてを聞かれる事が多いかと思います。転職理由についても、しっかり答えられるようにしましょう。

 

<おすすめ記事>

 

 

5.入社準備と退社準備について

 最終面接も合格したら、企業から内定の通知が来ることと思います。内定通知が来たら、あなたの転職活動は無事成功となりますが、最後の関門として退職手続きがあります。入社準備よりもまず、この退職手続きを先に済ませなければなりません。

 

 退社手続きに関しては、会社の担当者にあらかじめ確認しておいてください。少しでも手続きでが遅くなってしまうと、その後の入社手続きに支障が出てしまいます。次の職場で気持ちよく仕事をする為にも、退社準備はしっかりと整えておきましょう。

 

<おすすめ記事>

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト