面接でやってはいけないNG集

暗くて疲れたイメージ

 元気がなくて落ち込んでいるような60代を雇いたいと考える採用担当はまずいません。元気に受け答えが出来て、エネルギッシュな人材から採用されるのです。

 

 特に重要なのが、「パッと見」第一印象です。若い頃片思いしていた異性に会うような気持ちで、わくわくした表情で面接に臨むことが重要です。

 

 

自分のことばかりしゃべりすぎる

 自己PRは長くてもせいぜい3分間、その他採用担当の質問に対する答えはせいぜい30秒以内がベストだと言われます。

 

 採用担当に「もう少ししゃべってくれたらな〜」と思わせるくらいがちょうどよいです。採用担当と会話が盛り上がってあっという間に面接が終了した・・・という会社は、たいてい合格しているものです。

 

 

受ける会社のことをほとんど知らない

 転職活動とは「恋」や「お見合い」のようなもので、好きな異性のことは何でも知りたいし自然に詳しくなるものなのですが、会社にもそれと同じことが言えます。

 

 企業への関心が本当にあれば、プロジェクトや商品、社風やその他のデータを全部丸暗記するくらい知っていても不思議ではないのです。書類選考を通過したらすぐにその会社のことをなるべく調べるようにしましょう。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト