履歴書の見られるポイント

転職回数が多い人の応募書類について

 転職回数が多い人は退職理由が採用担当にすぐに理解できるように書き方を工夫しましょう。採用担当は転職回数が多い求職者を見ると不安を感じるので、年齢相応の実力や知恵といった「人材力」を強調することを心がけましょう。

 

 履歴書に長い空白期間があるのはよろしくないです。失業保険を貰っていた期間でも「職業訓練にスクールに通っていた」「資格試験の勉強をしていた」など、就業のための努力を続けていた点をアピールしましょう。

 

 「なぜこの会社に入りたいと思ったのか?」を説明できなければ面接に落ちます。「○○という資格の勉強をしていて合格できたので、勉強の内容が活かせる御社で働きたいと考えました」と聞けば採用担当も納得します。

 

 

採用担当がチェックする履歴書のポイントとは?!

 非正規労働(アルバイト・パート、日雇い派遣など)はなぜ非正規労働をするという選択をしたのか?!事情を説明したほうがよいです。

 

 これ!というようなキャリアが無い人の場合は、コミュニケーション能力をアピールしましょう。自営業や在宅勤務が長い人は、集団適応能力があるところを強調するべきです。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト