60代の転職希望者が仕事を探す方法とは?!

転職の決め手となった求人媒体について

 中高年向けの求人は実は絶対数があまり多くありません。よい待遇であれば少数激戦になる可能性もあります。

 

 転職を決意したなら求人情報を見つけて応募しなくてはいけませんが、その前に使えそうな人脈やコネがあるのなら勇気を出して当たってみることを強くお勧めします。

 

 というのも、中高年の場合は転職成功した人の20%以上が縁故知人によって転職先を紹介してもらっているという調査結果があります。

 

 

人脈やコネを新しく作るという手も

 「転職先を紹介してくれそうなコネは無いから・・・」といって落ち込むことは全くありません。在職中の人ならちょっと遠回りのようですが、社外に交流会やセミナー、ボランティア活動、趣味の集まりでも積極的に参加をして新しく知己を作るという方法もあります。

 

 知り合った人にはオープンに「仕事を探している」という点を伝えましょう。そうすれば誰かが求人情報をもたらしてくれる可能性があります。

 

 60代の場合、転職の成功はひとえにコミュニケーション能力が左右しますので、そのくらいの積極性が無い人は、転職しても若い人たちと顔を合わせて働くのは大変です。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 


60代の転職希望者が仕事を探す方法とは?!関連ページ

60代が使える求人情報媒体
ハローワークを活用しよう!

トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト