面接官の質問に答える時の注意点

面接官の顔を見ながら会話する事

 転職では、面接というのは必ず実施されますし、一番重要になってくる採用試験になってきます。その時に当然面接官から質問をされて、それに答えるというのが1つの流れになってきます。

 

 そこで、注意しておきたいのが面接官の顔を見ながら会話をするという事です。質問に答える時に、面接官の顔を見ないで下や他の方向を見ながら話すとそれだけでマイナス評価になってきます。いくら素晴らしい回答をしても、目線が違う方向に向いていると相手とうまく会話をする事ができないと評価される可能性があります。

 

 その結果、回答が素晴らしくても採用されないという事につながっていきます。特に人と会話をするのが多い業種の場合は、この点を面接官は重要視している可能性が高いです。必ず、面接官と会話をする時には、面接官の顔を見ながら会話をしていきます。その点をまずは把握しておくようにしていきます。

 

敬語が混ざらないように注意する

 面接官の質問に答える時の注意点の1つに、敬語が混ざらないように注意していく必要があります。敬語には主に3つあります。丁寧語、謙譲語、尊敬語になってきます。この3つが混ざってしまいますと、おかしな敬語になってしまいます。面接官の人は敬語も十分把握していますので、おかしな敬語を使ってしまうとすぐに面接官にばれてしまいます。

 

 そうなると、うまく敬語を話す事ができないとマイナス評価される事があります。つまり採用にも当然響いてきますので注意する必要があります。必ず、3つの敬語について学習して混ざらないように正しい敬語で会話するようにします。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト