面接で好印象に成るためには、どうしたらいいですか?

面接で好印象に成るためには、どうしたらいいですか?

 

面接で大切なのはこの人を雇ったらメリットが大きいかどうかを演出できるかです。

 

職種の内容や、業績によっては学歴や経験からとる可能性ももちろんあります。
ですが、面接を希望している人たちの評価が僅差だった場合は
何で評価をつけるかというとコミュニケーション能力になります。

 

人間同士で仕事をするので、やはり人間的な性格も判断されてしまいます。

  • あいさつの声の大きさは小さいのか、大きいのか
  • 顔の表情が明るいのか暗いのか
  • 身だしなみはきちんと清潔感を出せれているのかいないのか
  • 時間等の最低限のルールは守れているのかどうか
  • 姿勢は良いのか悪いのか
  • 話し方はゆっくり、はっきりとハキハキはなせているかどうか

等を見て判断されていきます。
重要なのはその場で”いい人材”ぶれるかどうかです!!!

 

自分が面接官だったらどういった人材が欲しいと思いますか?

  • あいさつが小さく
  • コミュニケーションが取りづらく
  • 清潔感が無い身だしなみ(髪型や服装)
  • 猫背
  • 緊張してるのが伝わってくるのが分かる位の態度(早口、目を合わせない等)

が面接にきた人だったら一緒に働いていけますか?

 

やはり、大切なことは簡単で一緒に働きたいと思わせるように振る舞う事を冷静に演じる事です!
面接の時間内だけでと考えたら1時間弱だけ演じるだけで良いのです。

 

志望動機の書き方等も同じです。

  • 何故この会社に選んだのかをはっきり話す
  •  例)→企業の特徴と自分の長所をリンクしながら話すという流れを作ります。

  • 転職に対するポジティブな理由にする
  • 質問されたら1を答えるのではなく、せめて5以上を返す

等をすると
「こいつ、きちんとコミュニケーションが取れそうだな」
「仕事できそうな余裕があるな」ととらえて貰える可能性が作れます。

 

常に相手だったら何を望むのか、どういった企業だったらどんな人材が欲しいのかを
冷静に分析してから面接に挑むといいでしょう。
大切なことはいい人材ぶる事です。

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト