療養でブランクがあった時に転職時にどう説明すれば良いでしょうか

療養でブランクがあった時に転職時にどう説明すれば良いでしょうか

 

転職を希望する際に、実際に病気で仕事から離れていた期間、
現在の健康状態で、それぞれ説明の内容や面接での対策が違ってくるでしょう。

 

たとえば、数ヶ月程度の療養で完治している場合には、
詳しく伝える時にも「療養して現在は完治しています」という説明でも差し支えありません。

 

しかし、数ヶ月ではなく1年以上の療養が必要でブランクになっている場合には、
企業に取れば病気になるリスクがあると少なからず考えられてしまいます。

 

そのために、面接の時には担当者に療養期間は1年以上あっても、
現在は全快しているので通常通りの仕事に耐えられる
体力、精神力があることをアピールしなければなりません。

 

療養が長く続いていたことを伝えると、
採用担当者に不安視されてしまうのもやむを得ないことですが、
それを払拭するために、現在は健康であることを強調することが重要になります。

 

具体的には、
「健康維持のためにジムにも通い、療養以前よりも体力がついている。」
とか
「現在は、服用の必要もない。」
と言った採用担当者によりイメージしてもらえるようにつたえるのが重要です。

 

また、求職中にもスキルアップのための勉強をしていたり、
資格を取得していたりしていた経験があれば、必ず伝えるようにしましょう。

 

療養しながらも、転職のため強い意志を持ち行動していたという印象を与えられれば、
完治をした時の為に役立つように意欲的な時間を過ごしていたと伝わるので、
ブランクを無駄に過ごしている訳ではないことが理解してもらえるのではないでしょうか。

 

採用担当者もこのような根拠があれば、より今の状態を把握しやすくなるので、
一定の理解を示してもらえる可能性もあります。

 

何より、ブランクの理由をマイナスイメージになるからと明確に伝えないでいる方が、
つじつまの合わない説明になってしまうことにもなりますので、
誠心誠意、明確に伝えることがとても重要だと言えます。

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト