中高年の転職、特に脱サラでポイントになることは?

中高年の転職、特に脱サラでポイントになることは?

 

中高年が転職するとなると通常の一般企業から一般企業という形だけではなく、第二の人生を歩むという意味で脱サラというパターンもあります。年齢的に実家の家業を継ぐという場合もあるでしょう。あるいは本当に自分の夢であった仕事を自営でおこしたいということもあり得ます。

 

ではこうした、脱サラで気を付けるべきこと、注意すべきことについて具体的にご紹介していきたいと思います。

 

安定した収入が見込めるかどうかわからないという意味で家族や親族の説得

これは長期的に行ったほうがよいでしょう。資金面ではおせわになりたくないといっても、いろろなところでフォローしてもらわないといけないことが発生することが予測されます。何よりもビジネスが安定するまでの家族の支えは何より重要になってきます。

 

資金面の準備

どういった脱サラを考えているのかどの程度の資金が必要になるのかにもよりますが、こちらも長期的に資金を考えながら集めておかねばなりません。

 

さらに足りない部分については銀行からの融資を得る段取りまでが必要です。当面は運転資金までまわらなくなる可能性があるので余剰資金をどれだけ確保できるのかそこまで配慮が必要です。

 

脱サラして仕事を行うにあたってのビジネスプラン

ここがしっかりしていないようでは、周囲の説得、資金の調達に至るまで実際にビジネススタートに漕ぎ着けるに至らない可能性まで発生してしまいます。

 

自分自身の夢であり、目標がしっかりしており、そこに向かって自分自身がどのようなステップで準備を進めてきているのか、さらにはビジネスプランが周囲が納得できるものなのかこの辺りをまずはしっかり決めておかねばなりません。

 

ここまでやっても、成功するかどうかは環境によりわからないこともあります。しっかりしたビジョンを持つことからまず最初に始めましょう。

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト