転職したいのですが自信がありません

転職したいのですが、何にも自信がありません。どうしたら良いのでしょうか?

 

自分に自信が無いけれど、今の職場にはいたくない理由があって、辞めて転職をしたい状況なのですね?こういう状態の方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。

 

新天地で活躍してみたいけど、今の職場でも何を残したわけでもないし、誇るべき能力があるわけでもないし、何を自分がPRしたらいいのかわからないので、仕方なく今の職場で我慢をしている方々は多いものです。

 

先ずは極論を二つ申し上げます。

本当に自信が何も無いというのなら、転職は控えた方が宜しいです。

申し訳ないですが、この状態の心持ちでは、多分今の職場でも活躍ができないと思います。

 

ましてや転職をやということになってしまいます。新たな職場に向かうモチベーションに、自らの自信が無いのですから、活躍が望むべくもありません。採用をしてしまう企業があったとしても不幸です。ですが、その前に採用される可能性は極めて低いと言えます。

 

ですから、本当に何も自信が無いと思えているのなら、転職はリスクが高いので、お止めになった方が宜しいです。

 

自信が無いと錯覚しているだけで、自信を持って良い事に気がついていないケース。

自信が無いという方は謙虚な方なんです。そもそもそれが長所です。

 

ですから、自己顕示欲が旺盛で人から嫌われやすい人間ではなくて、人から受け入れられやすい謙虚な人間だと自信を持てることなのです。人には必ず長所も短所もあるのです。謙虚な人ほど、自分には短所ばかりで、何も自信が無いと錯覚しているのです。

 

そうではありません。必ずどんな人にも長所と短所があるのです。
ですから、よくよく自分の事を深く見つめ直してみて、自らの長所を探してみて下さい。必ず言葉が見つかる筈です。他人に優しいでも、嘘はつかないでも、言われたことは必ずやり通すでも、ゴミを散らかさないでも、何でも良いのです。

 

採用する側は貴方のパーソナリティーを一番に見ています。そこに気がついて下さい。過度な自信ばかりある人は、どんな世界でも嫌われます。企業がそんな人ばかり望んでいるはずはありません。 

 

ひとつ目に書いた通り、心底自信が無ければ転職は思いとどまりましょう。
ふたつ目に書いた通り、考え方を変えられたならば、自信を持って臨んでみましょう。

 

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト