職場と一緒に住まいを変えることも考えて


 「はたらいく」という就職あっせんサイトはご存知でしょうか? 地域密着型の求人サイトの代表格です。またお近くの職業安定所ではIターンやUターン説明会と求人案内を度々行っています。60代から転職をお考えなら、こういった方面へ視野を向けることも必要です。

 

 若いパワーや将来性が躍動している大都市では、60代からの転職できる確率はかなり低くなります。 競争が激しく、食うか食われるかの秒速刻みの判断・行動力の中で生きてる都会の企業には、60代の落ち着きは似合いません。

 

 しかし、地方となれば違います。若者は地方の風習や方言、食文化、自然、閑静…といったことに案外と苦手です。将来的にはそういった落ち着いた場所で静かに暮らしたい、暮らしてもいいなどとは考えますが、流行の場所、レジャー施設や複合施設があるところ、何事にも興味津々の若い時にはなかなか地方への移住や職場を考えにくいものです。

 

 そういった点、子育ても終わり、家のローン返済を終え、しがらみなども何もない60代の方々は、昔からの夢である地方暮らしもいいものだと意を決しやすい傾向にあるといえます。職場を都会に求め若者不在となった場所にも生活がありますから、とうぜん産業、仕事はあります。贅沢をせず、長年かけて“我慢”を学んできた60代の熟年世代であれば、仕事には困らないでしょう

 

 介護福祉施設の送迎とか介護の解除、NPO法人の活動、観光ガイド、農作業、長年培った知識・技術を広めるための講座解説、市や町村斡旋の仕事、自給自足など、今までの”仕事”とは、およそ考えがつかないほどの変化かもしれまんが、第二それとも第三ですか・・・?…とにかくいったんリセットしての再スタートです。視野を地方に向けて、新しい転職の形をみつけてみようではありませんか!!



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト