諦めてはいけない、60代からの転職

 日本の企業の多くは、60歳になると定年退職を迎えます。しかし、現在の日本の年金は65歳になってからでないと貰えないという事もあり、定年から年金受給までの5年間、無職で過ごさなくてはいけません。

 

 貯蓄が少ない家庭の場合、これは死活問題にもなり得ます。その為、定年後も働きたい!という方が多く、60代からの転職はそう珍しいものではありません。

 

 しかし、新卒者の就職さえも厳しい現在の日本で、60代の転職は更に厳しい現状と言わざる負えません。企業によっては、定年後の再就職先を斡旋してくれる所もありますが、再就職先を紹介してくれる企業はほんのひと握りです。

 

 また、再就職を希望している本人も、それなりの役職に就いていたからこその待遇とされているのが現状です。

 

 では、60代からの転職は諦めなければいけないのかというと、そうではありません。60歳の定年を迎えた後も働きたい、という方の為に、シルバー人材紹介センターなどのサービスもあります。

 

 駐車場警備員や駅前の自転車整理、または交通誘導員やプール等の監視員など、様々な仕事の紹介を受ける事が出来るのです。

 

 再就職が厳しい時代とはいっても、選り好みしなければ60代でも転職先は多く存在します。また、60代だからといって転職に不利な訳ではありません。

 

 確かに、若い世代から見ると体力等は劣ってしまいますが、それまで培ってきた経験や人脈が転職にとても有利になるでしょう。何かトラブルがあった時、それまでの経験を生かし対応する事が出来るのも、60代の強みでもあると言えます。

 

 この様に、厳しい経済状況ながらも、60代の経験や人脈等を求めている企業も多く存在します。60代での転職は諦めてはいけません。これまで培ってきたものを存分に生かし、転職に大きく役立てて下さいね。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト