60代からでも転職は可能

 60代といえば昔であればお爺ちゃんと呼ばれる年齢ですが、今の時代の60代は見た目も若くとてもお爺ちゃんと呼びには早過ぎます。さらに平均寿命も延びたことから、2013年からは65歳まで会社で働くことの選択を行うことが雇用者に義務付けられました。

 

 そのためいままではあまり考えられなかった、60代からの転職も特別なものではなくなってきています。特に老齢厚生年金の受給開始年齢が段階的に引き上げられ、今後は受給開始年齢が65歳からになることを考えると少なくとも元気で65歳までは働きたいものです。

 

 60代からの転職には、いくつかの共通事項があります。それは給与にこだわらないことと、仕事に生きがいを感じられることです。給与にこだわらないこととは60代で転職するのであれば、給与の高い安いではなくどんな仕事に就きたいかをはず考えるべきです。

 

 そしてその仕事に生きがいを、感じられることが大事になってきます。職種はどんな仕事でも構いませんが仕事に生きがいを感じられなければ、仕事がとても辛く感じられるからです。若い時期はそれでも良いかもしれませんが、60代の方の場合は若い世代とは違い残された時間に限りがあります。

 

 そんな60代の方にお勧めの仕事が、講師や指導者となることです。60代の方の利点や長所は何と言っても、これまで人生を生きてきた人生経験です。これまでの経験を活かして何かのインストラクターや、自分の趣味の分野などの講師を行うのもいいと思います。

 

 大事なことは自分の持ち時間が限られていることを忘れないで、人生の後半を仕事を通じて人と共に喜びを分かち合うことです。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト