講師や指導者となるのもひとつの道


 60代というと、みなさんは仕事をされている年代でしょうか?以前であれば60歳定年といわれていましたが、最近では60歳を過ぎても仕事をしている人が実に7割を超えていると言われています。もはや60歳定年時代は終わりを迎えたと言っても過言ではありません。

 

 また年金の受給の関係で60代で転職を検討している人もいることと思います。シニア向けの求人も多く、最近では女性も働く人が多くみられます。60代で転職をしている人はどういったものかというと、趣味の分野などの講師をしていた人やインストラクターをしていた人、また社会活動に積極的に参加していた人が多いと記載されています。50代は当然ながら求人数は多くありません。役員かアルバイトかという極端な2極化が見られると感じる日とも多く見られます。

 

 講師やインストラクターとなると、そうした分野とはかけ離れた仕事であり、また定年とも無関係のため、60代以降も転職を果たしたり、求人があるといった状況です。社会活動に積極的に参加していた人も同じことが言えます。地道な活動でも、ある程度のスキルを備えて指導する側として活躍する人も少なくありません。

 

 こうした背景から、サラリーマンで定年を迎えるよりも何らかの趣味などを生かした講師を検討されてみるのも1つの手です。意外と収入につながることもあります。逆に地道にそこそこの国家資格を取得しても、経験がないといった理由で再就職につながらない可能性はよっぽど高いです。

 

 60代で転職を考えている人は、そうした方面から検討されてみてはいかがでしょうか?



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト