地方での転職を考える

 60代での転職というと、一般的な求職サイトでは確率が低くなってしまいます。どうしても「ゼロからの面接でその人を見極める」際には高年齢である場合は不利だといえるようです。

 

 そういった、大きな範囲(関東や関西といったエリアや、「営業職」という括りのように大きなカテゴリー)で、仕事を検索するのではなくて、地元密着型の求職活動に着目するのはどうでしょうか。

 

 大手求人サイトに対して、地域密着型の求人サイトやサービスも増えてきており、そういった会社では、異業種や違う地方からの人材に対して転職セミナーが盛んに行われています。

 

 いわゆるIターン&Uターン転職のように、地方でその土地の文化や風習になじみながら働くということは、若年層が不得意とする部分です。

 

 若い間は「田舎で働く」ということが、仕事のキャリアを作っていく上でリスクとなるケースもあります。人口の多い都市で大きな仕事をして、キャリアを積んだ方が良いのではないか? という疑問を持ちながら、地方で仕事を続けるのは難しいのですね。

 

 規模の大小に関わらず、人に必要とされている「仕事」はたくさんあるのですから、地元密着型&地方での就労も悪くないと思うのですが、若いうちには、その決断がつきにくいかもしれません。

 

 その点で言えば、60代以上など高年齢での転職は、地方に機会があるかもしれません。

 

 地方といっても、自分の田舎・地元だけでなく、「Iターン」のように、全く違う地域でも構わないのではないでしょうか。

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト