60代転職ガイド|プロが教える就活術

60代の転職や再就職の状況は?

 msn産経ニュースによると、団塊の世代の方に会社で何歳になるまで働きたいか質問したところ(平成24年の内閣府調査)、約7割の方が65歳位上の年齢になっても働きたいと回答しているそうです。

 

 しかし、定年後も働きたいと希望する60代の方に対して、「継続雇用の義務化で再就職を希望する高齢者の職場確保にまでは手がまわらない」とする、労働局職員の指摘があります。

 

 

限られたパイの奪い合い

 

 現状としては、既に働いている社員の確保を続けると、再就職・転職をしようとする高齢者がいてもなかなか希望通りの会社には再就職できない場合が多いようです。逆に、年齢層の高い世代の雇用をするとなると、今度は若年層の採用を抑制せざるを得ないと考えている事業所は少なくありません。

 

 

 更に、採用の抑制を考える企業ばかりではなく、年功序列のシステムを廃止して実力主義で昇進や昇給をする制度を取り入れた会社もあります。年令や性別は関係なく、誰でも同じ条件で昇進や昇給のチャンスがあるシステムです。

 

 

高齢者就職率は微増し始めている

 このような厳しい環境のなかですが、高齢者向けの相談窓口を設けたハローワーク(東京都足立区)では、55歳以上の就職率が前年比5.1パーセント増となっています。ただし求職者の希望に合う仕事は少なく、条件にこだわると就職までに時間がかかる場合も多いようです。

 

 希望に沿った再就職ができない場合も多いのが現状なのかもしれませんが、ごく一部分的にも状況が良くなってきている事には注目しておいた方が良さそうです。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト