60代現役時代

 


 「60歳からでも転職は可能」というネットで見つけた楽しい記事です。今の60代は本当に若く見えますね。見える、ということは心身ともに健康な証拠です。そのどちらかが不健康では、年相応にしか、或いは年より老けて見えるのが当たり前ですから。

 

 法律でいわゆる定年を60歳から65歳までの間で選べる時代になったことも60代の現役振りを物語る一つの形です。このことは60歳を過ぎても立派に働けるということを国がお墨付きを出したようなものですから、これまでの雇用環境に60代以上の求人が俄かに増えつつあるのです。

 

 60代となれば、子育ても終わり高給が絶対ではないこと、職場があることへの感謝の気持ちとかそこに生きがいを見出しやすいこと、ベテランの域に達した人間関係の重みから得るあなたなお得意先、ビジネスチャンス等の期待も高まります。それでもやはり、

 

さすがに60代、仕事を選んでなんかいられない、そんなことしてたら、あっという間に仕事がなくなってしまう…という声が聞こえてきそうです。しかしそうではないと記事では教えてくれています。

 

 現実問題、若者より目も耳も遠くなっていますし、行動も鈍くなりがちです。力こぶも萎れてきて、以前の力も発揮できなくなっています。普段は元気ですが腰痛になり易い体に近づいています。

 

 こういったことから、どんな仕事ならやっていけるか、やりたいかをちゃんを考えて仕事に就くことが大切なのです。そんな仕事があるか…ですが、技術の指導とかマナーアップ研修等の講師とか、監査役として会社内の業務とコンプライアンスをチェックするとか、メンタルヘルス専門の相談員等、長い人生経験の中で培った仕事プラスアルファの知識がたくさん詰まっているものを発揮してもらうのです。

 

 これらは体力も使わず、若い頃の手柄話をしている感覚も味わえることから、会社にとっても60代のシルバーによっても好都合な職業といえます。

 

 求人の幅が狭くなってしまうかもしれませんが、まずはこういった理想を掲げて仕事探しをしてみてもいいのではないでしょうか。



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト