ニュース記事一覧

地方での転職を考える

 60代での転職というと、一般的な求職サイトでは確率が低くなってしまいます。どうしても「ゼロからの面接でその人を見極める」際には高年齢である場合は不利だといえるようです。 そういった、大きな範囲(関東や関西といったエリアや、「営業職」という括りのように大きなカテゴリー)で、仕事を検索するのではなくて...

≫続きを読む

講師や指導者となるのもひとつの道

 60代というと、みなさんは仕事をされている年代でしょうか?以前であれば60歳定年といわれていましたが、最近では60歳を過ぎても仕事をしている人が実に7割を超えていると言われています。もはや60歳定年時代は終わりを迎えたと言っても過言ではありません。 また年金の受給の関係で60代で転職を検討している...

≫続きを読む

60代からでも転職は可能

 60代といえば昔であればお爺ちゃんと呼ばれる年齢ですが、今の時代の60代は見た目も若くとてもお爺ちゃんと呼びには早過ぎます。さらに平均寿命も延びたことから、2013年からは65歳まで会社で働くことの選択を行うことが雇用者に義務付けられました。 そのためいままではあまり考えられなかった、60代からの...

≫続きを読む

60代現役時代

  「60歳からでも転職は可能」というネットで見つけた楽しい記事です。今の60代は本当に若く見えますね。見える、ということは心身ともに健康な証拠です。そのどちらかが不健康では、年相応にしか、或いは年より老けて見えるのが当たり前ですから。 法律でいわゆる定年を60歳から65歳までの間で選べる時代になっ...

≫続きを読む

日本の未来は80歳総勤労時代

 団塊の世代が定年の年齢を、向かえようとしています。団塊の世代とは戦後の第一次ベビーブームと呼ばれる、1947〜49年に生まれた約810万人の世代のことです。 もうすでに60代になっていますが2013年4月1日に施行された労働契約法の改正で、65歳まで希望すれば会社で働けるのでまだ現役の人もたくさん...

≫続きを読む

諦めてはいけない、60代からの転職

 日本の企業の多くは、60歳になると定年退職を迎えます。しかし、現在の日本の年金は65歳になってからでないと貰えないという事もあり、定年から年金受給までの5年間、無職で過ごさなくてはいけません。 貯蓄が少ない家庭の場合、これは死活問題にもなり得ます。その為、定年後も働きたい!という方が多く、60代か...

≫続きを読む

60代の転職を考える

 人間が年齢を重ねることは、ごくごく自然の流れです。しかし同じ60代でも、個人差がずいぶんあります。60代の方が同窓会で同級生を恩師と間違えて、挨拶するなどの笑い話はいくらでもあります。年齢はひとつの目安であって、実際の肉体年齢と別ものです。 プロスキーヤーでもあり登山家でもある三浦雄一郎さんは、6...

≫続きを読む

職場と一緒に住まいを変えることも考えて

 「はたらいく」という就職あっせんサイトはご存知でしょうか? 地域密着型の求人サイトの代表格です。またお近くの職業安定所ではIターンやUターン説明会と求人案内を度々行っています。60代から転職をお考えなら、こういった方面へ視野を向けることも必要です。 若いパワーや将来性が躍動している大都市では、60...

≫続きを読む

60代の転職や再就職の状況は?

 msn産経ニュースによると、団塊の世代の方に会社で何歳になるまで働きたいか質問したところ(平成24年の内閣府調査)、約7割の方が65歳位上の年齢になっても働きたいと回答しているそうです。 しかし、定年後も働きたいと希望する60代の方に対して、「継続雇用の義務化で再就職を希望する高齢者の職場確保にま...

≫続きを読む

元気な高齢者を活かしきる政策の必要性

 60代の転職や再就職は、普通に考えればもはや定年後の話なので、転職案件のほぼすべてがパートなどの非正規雇用です。 中には成長産業の一つに位置付けられている介護福祉業界などでは、経験豊富な管理職者として、経理マン等として採用するケースもありますが、総体的には非常に稀なケースと考えた方がいいでしょう。...

≫続きを読む

多様化する60歳以上の求人

多様化する60歳以上の求人高齢者雇用を促進する「改正高齢者雇用安定法」 2013年4月1日、「改正高齢者雇用安定法」が施行されたことは、記憶に新しいと思います。これまで定年を60歳に設定していた多くの企業に対し、それを5年間引き上げることを義務付けています。 それと同時に、退職を余儀なくされるシニア...

≫続きを読む

『改正高齢者雇用安定法の光と影』

『改正高齢者雇用安定法の光と影』1.高齢社会に不可欠な国の施策 「元気な高齢者を活かしきる政策の必要性」と題してネット掲載されている記事は、まさに喫緊の課題を言い当てていて目を惹かれます。 高齢化社会を既に飛び越えすっかり成熟した高齢社会の真っただ中にある現代においては今更の感がありますが、事実、活...

≫続きを読む


トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト