60代の方が転職を成功させたら、入社後にこんなことを注意してみましょう

若い人の意見の尊重が基本

 

 入社後は若い人の意見をできるだけ尊重することを基本としてください。60代で転職をする人は、立場的にいろいろな方がいると思いますが、これは全ての人に当てはまる入社後の注意点と思っておいた方がいいでしょう。

 

 会社の中では年齢が高い方だと思うので、まずは入社後に懐の大きさを見せて、それを印象づけておくことが重要です。仮に入社と同時に部下ができるとしても、この人たちに厳しく接するのは、入社してしばらくしてその場に馴染むことができてから。そうしないと下の人たちもあなたに付いていくのが難しくなってしまうでしょう。

 

媚び諂い過ぎるのもいけません

 

 若い人の意見を尊重することを基本とする、これは注意点として弁えておいてもらいたいのですが、しかし、他の人たちに媚び諂い過ぎるのもいけません。

 

 媚び過ぎると、不当な扱いを受けるキッカケを与える可能性も出てくるからです。こうなると居心地がとても悪い。懐の大きさを見せるのと、立場の弱さや何でも許してしまう気の良さを見せるのとでは全くの別もの。後者のような印象を与えてしまっては、あなたにとって損しかない転職となってしまうでしょう。

 

 懐の大きさと寛容さ、それを見せつつも、60代ならではの経験と人格、こうしたものも同時に見せていくことが入社後の注意点となります。

 

あまり将来を見据え過ぎないこと

 

 60代で転職を希望し、それを叶えるというのはとても素晴らしいこと。なかなかできることではありません。それを実力と捉えるか幸運と捉えるかは、人それぞれの価値感やキャリアによって変わってくると思いますが、いずれにしてもあまり先の将来のことを見据え過ぎないようにした方がいいでしょう。

 

 20代や30代の転職と違い、恐らくこれがあなたにとってラストの転職。将来を見据え過ぎると再び転職したいと思う可能性もなくはありません。こうなると貴重な時間を無駄に過ごすこととなり、あなたのためにならないでしょう。

 

 将来よりも1日1日の仕事に集中する。貴重な転職の機会を無駄にしないためにも、入社後は仕事に邁進する毎日を送ることが重要なのです。

 

 

<おすすめ記事>



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト