途中入社したらこういう振る舞いに注意!

60代の転職を前途多難にしないために・・・

 会社のプロジェクトや経営方針を批判するのは絶対タブーです。経営方針を理解して、上の人の言うことを最優先にすることを心がけてください。

 

 なるべく会社の「主流派」と仲良くするとよいでしょう。寄らば大樹の影、です。飲み会は極力参加するようにしましょう。アフターファイブのお付き合いも長く安定して働くためには重要です。

 

 とくに中小はマニュアルが整備されていないので、新しい仕事を覚えるのに時間がかかります。気を長くしてこつこつ取り組むことです。

 

 

給与とは「我慢料」です。

 60代で転職して全く新しい会社に入ることになると、それまでの自分が通用しない場面が多々出てくることかと思われます。それでも癇癪をおこしたりしないで、自分より若い上司の言うことを素直に聞いて実行する必要があるのです。

 

 指示された業務は何でもよろこんで実行しましょう。前職での自慢話は絶対にしないこと。若い人たちには鬱陶しいだけです。

 

 なるべく朝は早めに出勤して、30分残業して帰るようにするとよいでしょう。若い人とは異なりアプリケーションソフトの操作など覚えるのが大変かもしれませんが、あきらめないで取り組みましょう。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト