入社手続きのチェックポイント

転職先の会社に提出する書類について

 転職活動が無事に終わって、なんとか内定が出たら、若いころとはきっと違う満足感があるでしょう。仕事探しが若いころよりずっと大変だったから、すぐにでも働き始めたいのが本音ですが、中途採用者には入社前にいろいろ知っておくべき手続きがあります。

 

 内定したら会社側と「労働契約書」を交わすのですが、そこに書かれている条件はすべて自分で詳細にチェックして、不明点は会社側に質問しておきましょう。給与等が具体的に決まっていない場合は内定受諾する前に、さらに交渉する場合もあります。

 

 

必ず提出しなければならない書類とは?!

 どの会社へいっても提出するのは「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「健康保険被扶養者異動届」などがあります。

 

 その他、給与振込の銀行口座の届なども提出させる会社があります。健康診断などを受けて医師の意見書の提出を求める会社もあるそうです。

 

 企業によっては「身元保証書」の提出を求められる場合がありますが、60代の転職者になると、身元保証人になってくれる知人・親戚がすぐに見つかるかどうか分かりませんので、あらかじめ引き受けてくれそうな人に頼んでおきましょう。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト