どうして円満退職しなければいけないのか?!その理由とは

 役者、俳優さんの世界では「舞台に上がる時よりも、舞台から去るときに、その役者の格がわかる」という言葉があるそうです。ビジネスパーソンの場合もこの言葉がちょうどあてはまります。

 

 仕事の評価が高かった60代でも、退職の仕方次第で、人材としての評価に傷をつけることになってしまいます。60代の再就職がきわめて困難な状況であるからこそ、職場復帰の可能性もあるのだから、円満退職をすることは大事なのです。

 

 最近のトレンドですが、自分が昔在籍していた会社へ戻るシニアも増えているそうです。

 

 

「引き継ぎ」をきちんと完了させないと・・・

 「引き継ぎ」作業をいいかげんにやって退職した人は、同じ業界であれば必ず影で悪い噂が流れます。

 

 今のオフィスではIT化が進んでいますので引き継ぎ作業にはかつてのような期間は必要ありませんが、それでも人間関係などが嫌で逃げるように去って行った人は、引き継ぎをしないで出て行くこともあるそうです。

 

 会社側からの嫌がらせで「離職票」を発行してもらえなくなったら困りますよね。60代の転職希望者で転職先が決まったら、引き継ぎ期間を十分考慮して、入社日にだいぶ余裕をもたせておくほうがよいでしょう。

 

 

 

<おすすめ記事>

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト