企業を60歳で退職したあと就職はできるのだろうか

還暦を向かえたので退職をしました。まだまだ健康ですので働きたいのですが60歳を過ぎた人を企業や世間ではどの様に見ているのでしょうか。

 

最近は60歳を過ぎても働く意欲のある人が増えてきました。同じ職場でそのまま働き続ける人がもおりますが、退職を機会に他の仕事を選択する人も大勢いらっしゃいます。

 

20014年4月からは企業では希望者全員を65歳まで雇うようにとの法律が施工されることになっております。これまでの「高年齢者雇用安定法」は企業が定年後に継続雇用者を選ぶ方法でしたが、この基準を廃止し、今ン後は原則、希望者全員を65歳まで雇って貰えることになったのです。

 

ですから60歳を超えた人でも健康で働く意欲のある人は年金を貰いながら働けることになりますので、まだまだ頑張って社会参加して下さい。それでは何故、法律を改正をして働けるようにしたかと言いますと年金を受け取り始める年齢が2025年までに段階的に65歳へ引き上げられることになっているからなのです。

 

60歳を過ぎても働けるようにしたのは決して会社のお情けで働かせて貰えるというものではなく、働く者として全国民の権利なのです。それから高齢者の為に「継続雇用」・「定年引き上げ」・「定年廃止」を企業に義務付けているので、60歳を過ぎても給料と年金を切れ目なく得られるので無収入の期間を無くす狙いもあるのです。

 

ただ企業としては全員っを雇うことは出来ませんので、心身の健康状態や就業規則に照らして対象者を決めることになりますので、意欲だけでは雇用されないケースもありますので、別の企業に再就職先を確保するとか関連会社で雇ってもらう方法を早く見つけることだ大切になります。

 

現役時代に真面目に働き、人間関係もそつなくこなし、健康であれば働く意欲のある人は65歳でも働ける時代が来ますので希望を持って頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 



トップページ 転職を成功させる5つのポイント おすすめ転職サイト